2014年3月

後輩の結婚式

後輩の結婚式

(公開: 2014年3月26日 (水))

この間後輩の結婚式に出席してきました。
im3.jpg
参照:http://www.partyspace-cosmos.com/nijikai/index.html

場所は池のほとりにある結婚式場で、式場の大きな窓にあるカーテンが開くと、一面に池が広がり、ただの池と言われればそれまでなんですが、でもすごくいい景色でした。雨が降ったら台無しだろうなとは思いましたが。

沖縄の結婚式フラッシュモブというものがあるそうです。沖縄での結婚式にゲリラ的にダンスをお願いしちゃおうというものですが、突然始まる余興という感じでしょうか。こんなものもいいかもしれませんね。

金沢支店

金沢支店

(公開: 2014年3月24日 (月))

フラッシュモブの代行会社である「フラッシュモブジャパン」が


↑金沢支店を開業しました。

これで、石川、富山、福井、新潟等の北陸、上越地方もカバー完了です。

去年の暮れには、福岡支店も開業してますし、いよいよ全国展開開始ですかね?

今までは、都市部でしか依頼出来なかったフラッシュモブも、これで地方の人も

気軽に出来るようになりました。

結婚式や誕生会、ちょっとしたイベント等をフラッシュモブで盛り上げてはどうでしょうか?

参照:http://flamenco-sitio.com/amapola/assets_c/2013/09/mobu%20marunucho1-thumb-399x299-3041-thumb-399x299-3042-thumb-399x299-3044.jpg

債務整理して楽になった。

債務整理して楽になった。

(公開: 2014年3月19日 (水))

基本的に、一般の人が破産を請求するまでの間では債務者個人に直接の電話での借金回収と債務者その人の住所への直接訪問での取り立ては法律無視でないと考えられます。

さらに、破産の書類手続きに進んでから請求までに手数が費やされたケースには債権保有人は強引な返済要求を行ってくる危険が高くなります。

債権保持者サイドからすると借金の清算もしないでなおかつ自己破産といった司法上の対処もなされないといった状態であると会社内での対処を実行することが不可能になるからです。

また、債権者の中では有資格者に助けを求めていないと気づくとかなり強行な回収行動をしてくる人も存在します。

司法書士事務所および弁護士法人に頼んだ際には、個別の債権人は当人に関しての直接集金を実行することが許されません。

要望を受諾した司法書士の方それか弁護士事務所は依頼を請け負ったという中身の文書を各取り立て屋に配達することになり、その通知を見たのなら取立人による危険な集金から解放されることになります。

ところで、取り立て企業が職場や親の家へ訪れての収金は法のガイドルールで禁止されています。

貸金業であって登録を済ませている企業ならば職場や故郷へ訪れての徴集は貸金に関する法律に違反しているのを理解しているので違法であると伝えれば、徴集を続行することはないと考えます。

申請後は当人にあてた返済要求を含めて、集金行為は不許可になります。

ゆえに取り立て業者からの支払い要求行動がまったくなしになるわけです。

とはいえ一部にはそういったことを分かっていながらやってくる取り立て業者も存在しないとは思えません。

貸金業で登録を済ませている業者ならば、破産に関する申請後の返済要求が貸金に関する法律の規程に抵触しているのを理解しているので、伝えれば、そのような徴集を維持することはないと思います。

といっても、違法金融と言われている登録していない取立人に関してはこの限りとはならず、返済請求が原因の被害者があとを絶たないのが現実です。

違法金融が債権者の中に存在している際は弁護士法人それか司法書士の人などの専門屋に相談するようにする方がいいと思います。

フラッシュモブの話

フラッシュモブの話

(公開: 2014年3月14日 (金))

今度、会社の同僚が彼女にプロポーズをするそうです。

どんなプロポーズにするの?って聞いたら


↑「これに応募して、やってもらえるんならこれで」だそうです。

ああ、最近流行りのフラッシュモブプロポーズってやつか。

なになに?大阪の2組限定で特別料金か。

通常の半分くらいの料金でやってくれるんですね。

確かにこれはかなりお得ですね。

でも、2組ってのが問題ですよね。

多分、応募殺到してるんじゃないですかね?

ちなみに、抽選に漏れたら、普通にレストランでするそうです(笑)

参照:http://news.searchina.ne.jp/2013/1112/national_1112_016.jpg